大阪の手土産: 食の都「大阪」手土産も独自の切り口

大阪の手土産の写真(大)

播重の肉の佃煮

1919年創業の老舗精肉店です。
懐具合に応じて、播重の牛肉が味わえるよう、カレーショップ、グリル、すき焼きといった3パターンで店舗を展開しています。

手土産の包装
大阪の手土産の写真(小)
手土産の店舗
手土産写真なし
手土産の詳細

煮詰まって旨みが凝縮された濃いー茶色の佃煮です。噛むと期待通りの濃い味がジュワーっと歯ぐきに滴り、「白ご飯!白ご飯!」となります。想像するだけでヨダレに溺れます。
佃煮って、東京の佃のイメージがありますが、もともとは、今の大阪市西淀川区佃の漁夫が江戸に移り住み、大阪で作っていた煮物を江戸でも作り始めたことによって広まったと言われています。つまり佃煮は大阪もんなのです。

前の手土産
大阪の手土産:デキる社員の手土産
大阪の手土産:モテる社員の手土産
大阪の手土産:面白い社員の手土産
大阪の手土産:定番な社員の手土産
大阪の手土産:粋な社員の手土産
大阪の手土産:お洒落な社員の手土産
大阪の手土産:お洒落な社員の手土産
次の手土産

フリーワード
価格帯
円以上 円未満

カテゴリ


賞味期限


手土産のタイプ

要予約 小分け 個別包装
常温保存 多人数に対応 全国発送可