大阪の手土産: 食の都「大阪」手土産も独自の切り口

大阪の手土産の写真(大)

美々卯(うどんすき)

大阪・堺で200年続いた老舗料亭「耳卯楼」を大正14年に先代平太郎が麺類専門店として「美々卯」と改めました。
お祝い事や接待にも利用されるお店で、とりわけ大阪の淀屋橋にある本店はオフィス街のど真ん中に和風の建物を構えられた、赴きある佇まいです。
「うどんすき」は美々卯の商標登録商品です。

手土産の包装
大阪の手土産の写真(小)
手土産の店舗
手土産写真なし
手土産の詳細

出汁、薬味もセットされ、お店でいただけるのと同じ味が楽しめます。火にかけると出汁の香りが部屋中に広がります。
箱詰を開けると、豊富な具在が色鮮やかに並べられていて、見た目も華やか。
うどんすき専用のうどんを用いているとのことで、煮込んでものびないうどんをいただけます。
関西のファーストフードたるうどんですが、うどんすきは高級な麺料理といえます。

前の手土産
大阪の手土産:デキる社員の手土産
大阪の手土産:モテる社員の手土産
大阪の手土産:面白い社員の手土産
大阪の手土産:定番な社員の手土産
大阪の手土産:粋な社員の手土産
大阪の手土産:お洒落な社員の手土産
大阪の手土産:お洒落な社員の手土産
次の手土産

フリーワード
価格帯
円以上 円未満

カテゴリ


賞味期限


手土産のタイプ

要予約 小分け 個別包装
常温保存 多人数に対応 全国発送可